やはり集合住宅ではマナー

集合住宅で大切なことと言えば、どんなことでしょうか?
賃貸であれば、家賃の払いであることは、当然のことでしょう。
けれども、集合住宅は、数多くの人が同じ敷地内を分け合っている形です。
したがって、他人を考えた生活が重要でしょう。
たとえば、集合住宅でありがちな問題が、騒音です。
深夜の話し声、ステレオの音、あるいは、ドアの開閉音、子供の走り回る音などが、典型的なものです。
生活に伴う音もありますが、そうではないものもあります。
生活に伴う音であれば、仕方ないと思える面もあるでしょう。
それが受忍限度となっていますが、そうではなく感じる人もいます。
音の問題の難しさは、人によって感じ方が異なるようです。
たとえば、天井で子供が走り回って、中には、元気な子だと思う人もいるようです。
けれども、頭の上からドンドンされれば、気になる人は、それが原因で心を痛めてしまうこともあるようです。
そうは言っても、なかなか証明できないものでもあり、裁判を起こしたとしても難しい面があるようです。
もっとも、音の感じ方が人によりけりであれば、自分が加害者となっている場合もあります。
そのため、日頃からの振る舞い方が大事にあります。
また、音の延長としては、犬の鳴き声などもあります。
しつけがきちんとなされていないため、犬が無闇やたらと吠えてしまい、他人に迷惑を掛けていることになります。
すでに触れていることでもありますが、犬などを集合住宅で飼うのであれば、それなりの責任が伴うということです。
なお、集合住宅であれば、ゴミ出しなども、トラブルの原因となります。
また、物の置き方でも、問題となり易い面があり、こういう点もまた、マナーの問題とも言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2022集合住宅トラブルを未然に防ぐ!賃貸住まいで賢く暮らすには.All rights reserved.