一定条件でリフォーム可能

リフォームと言えば、分譲マンションをイメージすることでしょう。
中には、中古物件を買い、リフォームをすることで、新築並みにする人もいるようです。
むしろ、新築をそのまま購入するよりも、総費用が安くなるようで、やりようによっては、自分の好きな住まいを得ることができるということでしょう。
実は、賃貸集合住宅でも、リフォームが可能です。
仮に賃貸マンションに居住し、住みだしてからキッチンの使い勝手が悪いことを知り、リフォームしたいということであれば、可能です。
ただし、一定の条件が必要です。
それは、オーナーの許可があれば、ということです。
分譲マンションの場合、居室の所有権は、住んでいる人が持っています。
そのため、自由に変更などができます。
これは、法律でも認められていることであり、所有権が絶対性を帯びていることを意味しています。
したがって、賃貸集合住宅の場合、所有権はオーナーであるため、賃借人としては、自由に変更できる権利を持っている所有者であるオーナーの許可を取る必要があります。
しかし、仮に許可が取れたとしても、専有と共有も適用されるため、配管などの変更はできないようになっています。
分譲マンションであれば、管理組合などの規定がありますが、賃貸であれば、そういう管理組合がありません。
オーナーとの相談ともなりますが、できれば、配管の変更などを避け、リフォームを行うのが、大事かもしれません。
なお、小規模工事であれば、オーナーの許可なく行えます。
インターネット回線の配線工事などが典型的なものですが、壁に穴を開けざるを得ない場合は、念のため、相談することが大事かもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2022集合住宅トラブルを未然に防ぐ!賃貸住まいで賢く暮らすには.All rights reserved.