今時はペットも飼える

時代が変われば、賃貸も変わるようです。
かつては、賃貸物件でペットを飼えることは、稀であったようです。
しかし、今では、賃貸でもペットを飼うことができ、新築物件でも問題ないようです。
時代の変化は、時に大きな出来事をもたらすのでしょう。
賃貸物件でペットが好まれなかった理由は、匂いがついたり、あるいは、建物が傷つけられることを、オーナーが嫌ったからのようです。
けれども、今では、リフォームの技術も向上したようで、以前よりは匂いなどが残りにくいようです。
あるいは、修復作業も、居住に問題ない程度まで回復することができ、技術は日進月歩ということでしょう。
しかし、それ以上に、1990年代頃から始まったペットブームが大きく左右しているようです。
数多くの人がペットを飼い、そういう人を取り込むことが、経営者でもあるオーナー側も、重々認識したのでしょう。
しかし、ペットを飼える賃貸物件では、一般的に敷金が高めのようです。
敷金は、状況によって、退去後のリフォーム代に割り当てられます。
ペットがいれば、傷つけられるという観念は、こういうところに、いまだ反映されているのかもしれません。
なお、ペットを飼うということであれば、それなりの責任が伴います。
犬でも猫でも、しつけをきちんとし、特に集合住宅であれば、犬猫が苦手な人も、同じ敷地で生活しています。
そういう人たちの迷惑にならないようにすることもまた、集合住宅でのマナーの一つでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2022集合住宅トラブルを未然に防ぐ!賃貸住まいで賢く暮らすには.All rights reserved.