問題が起きた場合の対処

人が多数集まれば、問題が起きやすいともいえます。
歓楽街などで、時にトラブルが起きることもまた、その延長でしょう。
賃貸の集合住宅であっても、人が集まっている居住地でもあり、トラブルが発生しやすくなっています。
ならば、思いもよらないトラブルに巻き込まれた場合、どのようにすればいいのでしょうか?
まず始めに、不動産管理会社に連絡することです。
あるいは、場所によっては、オーナーに直接連絡することでも、問題はないでしょう。
大きな不動産管理会社であれば、専門の窓口を用意し、種々苦情などを受け付けています。
すでに触れた騒音は元より、設備の不調、あるいは、家賃のことなども、そういう窓口で相談できます。
しかし、設備などは別にしても、騒音などの入居者同士のトラブルは、あくまで第三者的な立場として、振る舞うようです。
したがって、チラシの配布などで、注意喚起するまでとなっています。
もしそれ以上のことを期待しているのであれば、国民生活センター、あるいは、市役所などに相談することも、一つの手段です。
しかし、あくまで相談であり、アドバイスをくれるのみで、根本的な解決にならないようです。
結局は、少額訴訟などの裁判となるケースもあるようですが、調停などによって、解決することもあるようです。
なお、刑事事件のような感じがあれば、警察に連絡することも、問題ないようです。
そこまで確信が持てないようであれば、各都道府県の警察署などに相談窓口が用意されています。
電話でも受け付けているため、相談してみることも大事でしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2022集合住宅トラブルを未然に防ぐ!賃貸住まいで賢く暮らすには.All rights reserved.